vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

通勤時間をエクササイズに活用しようと、毎朝会社まで歩くことにした_ 最初の一週目レビュー

この記事をシェアする

最近やけに腰の調子が悪く、一度座ってしまうと筋肉が固まって、痛みを感じるようになってしまいました。

 

冬の間、寒いからといって、ろくに運動しなかったツケが回ってきたか…お腹回りのお肉もまずい!

 

と、言うことで朝の会社まで行く時間を使い、ウォーキングをすることにしました。

 

 

 

なぜウォーキングをしようと思ったのか

 

朝はただですら忙しいのに毎日会社まで歩いて行けるのか不安だったので、時間を計算してみることにしました。

 

私は普段バスで会社に通っています。

自宅からバス停まで歩いて10分ちょっと。それからバスに乗って10分なので、20分あれば着くはずなんですが、遅延や渋滞などもありますから,35~40分ほど見ています。

 

試しに会社まで歩いてみたんですが、


f:id:vanillesesam:20170304055056j:image

 あれ、32分で会社についちゃいました。バスで行くより早いではないですか。

 

ということで、今更なんですが、バスでの待ち時間などを考慮すると、歩いた方が早いことが判明しまいした。バスがすぐに来るようならもっと早く会社につきますが、実際には通勤ラッシュで遅れることの方が多いです。出勤前の大切な時間にイライラしながら、バス停で待つより、自分のペースでちょっと歩いてみるか、と思い一週間続けてみましたので、その記録を残したいと思います。

アプリはEndmondoというフィットネスアプリを使いました。


毎朝会社まで歩いた一週目レビュー

1日目

コーヒーをタンブラーに入れて、飲みながら歩きました。漁夫の利を狙おうと、ドイツ語のCDを聞きながら完歩。まだまだ余裕♪

2日目

今日もコーヒーを自分で入れて、お散歩気分で出発。ドイツ語を聞く余裕もあります。

3日目

仕事で緊急事態に陥り、気分がメイる。テンション上げなければと思って、音楽を聴きながら歩く。もはや、ドイツ語を聞く精神状態ではない。

4日目

行きたくない会社に行くためには、ドイツ語より星野源だと割り切り、音楽を聴きながら、ノリノリで歩く。

5日目

朝ご飯を食べる時間がなかった。この日はコーヒーを入れる時間もなかった。

でも、速度を速めて歩いて、会社近くのパン屋さんでコーヒーとサンドイッチを買って、デスクで食べた。

 

で、一週間の記録がこちらです。

 
f:id:vanillesesam:20170304054235j:image

 

歩いてみての感想

記録を見ると、自宅から会社までは約2.5キロの道のりです。カロリー消費量は414キロカロリーと、ポテチ一袋食べたらチャラになる程度しか消費できませんでした。

ですが、目的は通勤時間のイライラ解消と、健康のためなので、消費カロリーは気にしないことにします。

 

ドイツはまだ寒いのですが、30分も歩くと、体がポカポカ温まってきます。

会社に着くころにはうっすら汗もかいてました。

仕事を始める前に疲れ切ってしまわないか、心配だったんですが、別にそんなことはありませんでした。

 

通勤ウォーキングを続けるために大切だと思うこと

やはり自分の気持ちが切れないような工夫をすることが、大切だと思います。

私は、歩かねば!!って気負ってしまうとすぐに飽きてやめてしますので、朝はゆっくりコーヒーを入れて、飲みながらとか、好きな音楽を聴くとか、仕事の前にとにかく自分を甘やかして、一週間続けることができました。

 

そもそも運動苦手なので、嫌なことは続けられませんもん。のほほーんと続けてみようかと思います。

 

この記事をシェアする