vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

ドイツのdmで自分のイラストをポストカードにしてみた。

この記事をシェアする

f:id:vanillesesam:20190330165703j:image

ドイツのドラッグストア的なdmというお店でオリジナルポストカードを作ってみました。

ネット注文で自分の写真やイラストデータがあれば、簡単にできてしまいます。

 

受け取りも店頭受け取りで簡単でしたので、ご紹介しますね。

 1.オンラインサイトで注文できる

オリジナルポストカードの注文はこちらのサイトから行います。

dmのサイトではないですが、提携店なのかな?サイトの上の方にも「dmで直接受け取りなら送料不要!」とかいてあります。

ドイツ語サイトですが文字より絵多めのサイトなのでわかりやすいです。

Foto- & Postkarten selbst gestalten & bestellen | dm Foto-Paradies

 

2. サイズや形状を選ぶ

 

f:id:vanillesesam:20190330170832j:image

GrusskartenからForo-&Postkartenをクリックします。

通常のポストカードサイズ以外にも正方形、長方形などいろいろなサイズがあります。

私は正方形タイプにしてみました。サイズが普通のポストカードよりちょっと大きいので、お値段もちょっと高いですね。

3.デザインを選ぶ

 

f:id:vanillesesam:20190331022230j:image

サイズを選んだらカードのデザインを選びます。

デザインテンプレを選べば、テキストや写真の配置を考えなくてもおしゃれなポストカードが作れます。

 

デザインなしはもちろん何もなしで、印刷したい写真やイラストがカードの一面にバーンと挿入される感じです。一応テキストも任意の位置に入れることができます。

デザインテンプレあり・なしでお値段が違うので、お好きな方を選んでください。

わたしはデザインテンプレなしにしました。

デザインを選んだら、印刷したい写真やイラストをダウンロードします。

どんな感じで印刷されるのかサイト上で確認します。

 

下の画像はデザインテンプレなしの場合ですが、テキストは裏と表にそれぞれ入れることができます。デザインテンプレは選んでいないので、写真の配置などは変更できません。

f:id:vanillesesam:20190330171446j:image

4.支払い・受取

ポストカードのデザインが終わったら、支払いと受け取りの方法を選びます。

支払いはオンラインでクレジットカード、ペイパル、銀行引き落としなどが選べますが、dmでの店頭受け取りにすれば、受け取り時に店頭で支払うこともできます。

私はカード情報を入力したくなかったので、店頭受け取り・支払いを選択しました。

 

注文後、注文完了メールが届きます。

注文確定後1週間くらいでdmで受け取れるらしく、お店に届いたらもう一度メールでお知らせしてくれます。

店頭到着のメールをもらったら、指定した近所のdmに行き、お店にの人に言って受け取り・支払いを済ませます。

 

最初はレジの人に聞いてみたんですが、お店の奥の方に(写真のプリント機があるあたり)保管してあるらしく、別の人を呼んでくれてその人に注文したポストカードを探してもらいました。

そのあとレジに行って支払いを済ませます。

 

オリジナルのイラストを印刷してみたらこんな感じです。

f:id:vanillesesam:20190331022550j:image

 印刷状態も良かったです。

私は友達に送るグリーティングカードとしてオリジナルのポストカードが欲しかったので今回dmで注文してみましたが、注文から受け取りまでとっても簡単でした。

 

10枚から注文できるので、個人で使用したい人にはちょうどいいですね。

他にもオンラインでポストカードが作れるサイトはありますが、商業用というか販売目的で印刷する人用らしく、50枚もしくは100枚から注文可能というサイトが多かったです。

個人利用でそんな枚数いりませんからね。

 

お好きな写真でオリジナルポストカードを作って友達や家族に送ると、とても喜んでもらえると思います。

私もしばらく疎遠だった友達に送ってみたところ、みんな喜んでくれて連絡が復活した人もいました!

 

ぜひ皆さんに試してもらいたいです。

この記事をシェアする