vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

iPadでお絵かき!procreateの使い方が学べるおすすめオンラインコース

この記事をシェアする


f:id:vanillesesam:20181206032324j:image

デジタルでお絵描きしてみたいな〜と思い、procreateというペイントアプリを使い始めて一ヶ月経ちました。

 

有料アプリ(¥1200)ですが、便利な機能がたくさんあるので、「この機会に使い方を学ぼう!」と思いオンラインコースを受講してみることに。

 

すると、このオンラインコースがとても有益で楽しかったので、受講レビューを書いてみることにしました!

 

  • procreate使ってみたいけど、使いこなせるか心配
  • デジタルでのショートコミック作成に興味アリ

 

といった方におすすめな記事です。

 

注意!!

このオンラインコース英語です。

ですが、動画を見ながら手を動かしていくので、英語が苦手な方でもあまり気にしなくて大丈夫かと。

言葉ではなく視覚だけでほとんどの情報を得られるのは、絵のオンラインコースならではだと思います。

 

おすすめポイント① 動画を見ながら自分で作品を仕上げていく


f:id:vanillesesam:20181204202258j:image

私が受講したオンラインコースは、デザイナー兼イラストレーターで人気のBrad Colbowさんのオンラインコースです。

 

このオンラインコースではiPadApple Pencil、そしてprocreateアプリを使用して絵を描いていきます。

 

受講してみて、すごく良かったと思うポイントは、動画を見ながら一緒に手を動かして作品を作っていけることです。


f:id:vanillesesam:20181130183634j:image

上の写真はオンラインコースのカリキュラムを進めながら自分で作った作品です。

 

線を引く練習から始まり、立体間のある球体、イチゴなどを描きながら、基本的な動作を学んでいきます。

 

動画の通りに手を動かしていけばいいので、難しいことはわからなくても全然大丈夫!

わからないところは動画を止めて巻き戻ってもう一度みたりして進めていきました。

 

おすすめポイント② 自分でショートコミックが描けるようになる

 

基本的な使い方を学んだあとは、このコースの目玉とも言える「コミックを描いてみよう」のセクションが用意されています。

 

Brad Colbowさんはコミックライターとしても人気のイラストレーターです。

彼の作風を学びながら、一緒に3コマと6コマのショートコミックを描くことができました‼

 

これは私も初めての体験でしたが、とても楽しかったです。

何の情報もなくて「さぁ、描いてみよう!」って言われても普通の人は描けませんよね。

私は描けませんよ。

 

Brad Colbowさんは、そんな初心者の方でも楽しんでコミックを描けるように指導してくれるので、とにかく楽しいのです。

 

具体的には、

 

「キャラクターの基本はとにかく丸と線で描いていけばOK」

「キャラにちょっとコーヒーを持たせてみようか」

「この部分に影をつければグッと立体間が出るよね」

「背景もこの機能を使って描いてみるといいよ。」

 

などなど、procreateの機能を駆使しながら、さまざまなイラストテクを披露してくれるので、とっても参考になります。

 

おすすめポイント③プロのイラストレーターの技術が学べる

実はBrad Colbowさんのことは、このオンラインコースを受けるまで存じ上げませんでした。

オンラインコースに興味があっていろいろ調べていたら、偶然彼のオンラインコースを見つけたのですが、インスタでも大変人気のあるイラストレーターさんです。

 

ひとめで彼のイラストに心を奪われてしまったのですが、プロのイラストレーターさんから直接指導してもらえるってすごいことですよね。

 

Brad Colbowさんは、コースの中で彼のイラストテクを惜しみ無く披露してくれています。

 

最近ではイラストメイキングをYoutubeで披露してくれるイラストレーターさんも増えましたが、一部カット・編集してあったりと、見づらいものが多いのが現状です。

 

オンラインコースは有料ですが、一度購入してしまえばいつでも何度でも見ることができますし、プロのイラストレーターに一から丁寧に教えてもらえるので、すごいお得です。

 

私はキャンペーン中にコースを購入したので、9.99ユーロで購入できました。

日本円だと1200j円から1300円くらいです。

 

 

コースで学べること一覧

おすすめポイントを3つにまとめて紹介してきましたが、このオンラインコースでは、procreateの機能の使い方は基本はすべて網羅しています。

 

全く使ったことのない人はもちろん、procreateを使っているけどもっと良く知りたいという方にも役に立つと思いますよ。

 

最後にこのコースで学んでみて、役に立ったことをセクションごとに一覧にしてみました。

一番最初から始めなくても、興味のあるセクションから進めてもらうこともできます。

 

興味がある方はぜひBrad Colbowさんのインスタグラムやツイッターものぞいてみてください。

 

セクション1

ファイルやフォルダの作り方、キャンバス設定の仕方など。

→全くさわったことのない人はここから

 

セクション2

ツールやブラシの使い方について。

→球体を描きながら影の作り方を学ぶことができます。

(エアーブラシテク、アルファロックの使い方など)

 

 

セクション3

レイヤーやブラシの詳しい使い方について学んでいきます。

(ブレンドモード、カラーパレットの設定など)

 

セクション4

セレクションツール、コミックの枠線の引き方やキャラクターの描き方を学ぶことができます。

→今までに習ったprocreateの機能を使ってコミックを描いていきます。

 

セクション5

基本ツール以外にも便利な機能を学びます。

(録画機能や便利なハンドジェスチャー、ブラシのカスタマイズ方法など)

 

セクション6

最後の課題として落ち葉を描いていきます。

資料となる落ち葉の写真は、オンラインコースからダウンロードできるので、今までに習った機能を使って仕上げていきます 。

 

セクション7

コースの目玉とも最後はでは、procreateでアップデートされた新機能の紹介です。

procreate4.1で新たに追加された新機能を学ぶことができます。

 

受講はキャンペーン中がおすすめ

今回私が受講したオンラインコースはUmedyで配信されていたものですが、このサイトではひんぱんにキャンペーンをやっていて、うまくキャンペーン中に申し込めば、安くオンラインコースを受講することができます。

 

私の時もキャンペーン中につき、50%引きで購入できたのでラッキーでした。

 

キャンペーンは不定期ですが、どうやらひんぱんに行われているようです。

 

日頃から受けたいコースをチェックしておいて、キャンペーン中に安く購入した方が断然お得です 。

 

本日はここまで。

お読みいただきありがとうございました。

 

この記事をシェアする