vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

iPadだけでイラストメイキング動画を簡単に編集する方法

この記事をシェアする

f:id:vanillesesam:20190209080536p:plain

 

私はイラストメイキング動画を見るのが好きです。

 

イラストレーターさんやクリエイターさんがイラストを描いている様子を見ることができるメイキング動画は、とても参考になりますし、楽しいですよね。

 

イラストを自分で描いている方は、procreateibisPaintなどのお絵描きアプリに備わっているタイムラプス機能を使えば、簡単に動画を録画・保存することができます。

 

さらに、書き出した動画をiPadのアプリ「iMovieでちょっと編集するだけで、目を引くメイキング動画を作ることができます。

 

今回はprocreateのタイムラプス機能を使って録画した動画を、さらにiMovieで編集して作る、簡単なイラストのメイキング動画の編集行程をご紹介します。

 

 

  

procreate側の手順

Procreate

Procreate

  • Savage Interactive Pty Ltd
  • エンターテインメント
  • ¥1,200

今回は以前insragramに投稿したイラストのメイキング動画です。

 

①' まず、事前にprocreateアクションアイコンの中の「タイムラプス動画」が、ONになっていることを必ず確認しておいてください。

スライドを右にすればオンになります。

(色が緑に変わったらOK)

 

[注意!]このスライドがオフになっていると、せっかくイラストを描いても動画を録画することができませんので注意してください。

必ずイラストを描く前にONになっていることを確認してください。

 

それでは、procreateで描いた絵のタイムラプス動画をiPadに書き出していきます

*私はprocreateを使っていますが、ibispaintなど他のお絵描きアプリでも動画を簡単に録画・書き出しが可能です。

お好きなアプリでイラストを描いてください(^-^)

 

procreateの画面左上にある[アクションアイコン]をクリックし、その次に[ビデオ]のアイコンをクリックします。

 

② 次に「タイムラプスビデオを書き出す」を選択します。
f:id:vanillesesam:20181218034203p:image

 

③ 書き出すビデオの長さを選択します。

 

書き出す動画は、全長30秒か選ぶことができますが、今回は編集メインになるので「全長」をクリックして初めから最後までの録画を全て書き出します。

f:id:vanillesesam:20181218034219j:image

 

iMovieでの編集手順

④ 次にiMovieでの編集に移ります。

 

iPadにはiMovieという動画編集アプリがプリインストールされてます。

もしなければこちらからダウンロードしておいてください。

iMovie

iMovie

  • Apple
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

すでにダウンロードしてあれば、iMovieのアイコンをクリックしてアプリを開きます。

f:id:vanillesesam:20181218034255j:image

⑤ +(プラスボタン)をクリックして新しいマイムービーを作成します

f:id:vanillesesam:20181218032953p:image

⑥ 新規プロジェクトで「ムービー」を選択します。

iPad 内に保存された動画の一覧が出てくるので、編集したい動画を選択します。

f:id:vanillesesam:20181218033102j:image

⑦ 次にiMovieに取り込んだ動画を編集していきます。

 

全長で書き出したので、不要な部分・削除したい始まりの部分で一度タップ。

すると、動画の下に分割アイコンが出てくるので「分割」をクリック

f:id:vanillesesam:20181218033304j:image

削除したい範囲の終わりの部分をもう一度タップして、削除したい範囲を選択し、右下に出てくる「削除」アイコンをクリックします。

これを繰り返し、不要な部分を削除し必要な部分だけを残して、動画を編集していきます。

f:id:vanillesesam:20181218033422p:image

 

動画の最後をちょっと印象的に

動画の終わりの部分で、完成したイラストをちょっと印象的にするテクニックをご紹介します。

 

動画に加えて、完成したイラスト画像もiPad本体に保存しておいたのですが、そのイラストを動画の終わりに挿入することで、完成したイラストを下から上にスライドしていくような感じで、かっこいい動画が6秒間自動で挿入されます。

 

イラスト画像を2枚続けて挿入すると、また少し違ったアングルで完成イラストを映し出してくれるので、お好みに会わせて追加してみてください

 

⑨ 完成イラスト(静止画)の挿入の仕方は、画面の右上にある写真をクリック

f:id:vanillesesam:20181218033514p:image

⑩ 挿入したい画像を選択 して動画の終わりの部分に挿入するだけです。

f:id:vanillesesam:20181218033609p:image

 

編集した動画をサイズを選んで書き出す方法

iMovieでの動画編集が終わったら、書き出しサイズを選択して保存します。

 

iMovieでは、中(360p)、大(540p)、HD(720p)、HD(1080p)、4Kの5種類のサイズから選択できます。

twitterやinsragramへ投稿する場合、中(360p)か大(540p)を選択すればよいと思います。

 

私はinsragramへ投稿するときは、大(540p)にしています。

f:id:vanillesesam:20181218033700p:image

 

SNSへ動画を投稿するときのコツ

 

iMovieでは動画に音楽を付ける機能もあります。

私はあえて音楽をつけていないのですが、イラストに合った音楽をつけて投稿してみるのもおすすめです。

 

また、Instagram に投稿できる動画は1分以内のものに限ります。

動画が長い場合は、編集で1分以内にする必要があります。

 

動画の投稿は、イラスト画像より目を引くので、普段より見てもらえるチャンスが多くなるようです。

 

iPadでお絵描きから動画編集までできる!

iPadがあれば、お絵描きアプリでイラスト作成➡iMovieで動画編集➡insragramに投稿まですべて1台で行うことができます。

 

ちなみに私のiPadは中古でゲットした2016

年モデルのiPad Pro 9.7インチ 128GBです。

イラストをメインで使っているので容量も十分足りていますし、重たい動画はdropboxに移動させています。

 

動画の投稿は、イラスト画像より目を引くので、普段より見てもらえるチャンスが多くなるようです。

 

とても簡単に動画がつくれるので、興味がある方は試してみてください。

 

 

 

この記事をシェアする