vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

授業料が返ってくるlingodaの語学マラソンを完走するためには?

この記事をシェアする

 

前回lingodaというオンライン語学スクールのキャンペーンで、ドイツ語レッスンのハーフマラソンを完走したという記事を書きました。

 

www.vanillesesam.net


ついに運営より「達成おめでとう‼ 授業料を返金しますよ!!」

という連絡をもらいました‼

 

このマラソンキャンペーンの最大の魅力は、完走すると、授業料が全額もしくは半額返ってくることです。

 

参加するからには、「絶対完走するぞっ!」と思っていたのですが、このlingodaの語学学習マラソンにはたくさんのルールがあります。

ひとつでも破ってしまうと、授業料を返金してもらえないので、かなり心配していました。

 

今回運営から返金のお知らせをもらったことで、とりあえずルールを守れていたのだと安心したのですが、いろいろと迷ったこともありましたので、語学学習マラソンを完走するまでの一連の流れをまとめてみたいと思います。

 

 日本からでも参加は可能性?

まず、参加場所に関してですが、わたしは現在ドイツに住んでいるので、ドイツからキャンペーンに参加しました。

 

でも、日本に住んでいる学習者のみなさんも参加できるのか気になったので、運営に聞いてみました。

 

その結果、日本からもキャンペーンに参加できるということです。

インターネットがあれば、世界中どこからでも参加できるよ!というとてもフレンドリーな回答を頂けたので、ひと安心です。

1. キャンペーンに申し込む

まずはこちらのリンクからキャンペーンに申し込みます。

 

ドイツ語以外にも、ビジネス英語、スペイン語、フランス語のコースがあります。

 

 

lingoda Learning Marathon

Language Learning Marathon | Lingoda - Online Language School

 

ラソンのtypeは2種類あり、フルマラソンハーフマラソンどちらかに参加ができます。

フルマラソンでは1カ月30レッスンを3か月続ける授業料が全額返金

ハーフマラソンでは、1カ月15レッスンを3か月続ける授業料が半額返金

されます。

 

どちらのキャンペーンに参加しても、エントリー料として5ユーロ支払ってください。

このエントリー料はマラソンを完走してもしなくても返ってきません。

追記:

クーポン券使うと、エントリー料が90%オフになるみたいです。https://couponfollow.com/site/lingoda.com

 

申し込みを済ますと確認メールが届き、lingodaのマイページにアクセスできますが、まだレッスンを申し込むことはできません。

 

毎月のコース料(ドイツ語はハーフマラソンで129ユーロ月フルマラソンは269ユーロ/月)の引き落としが完了すると、レッスンのクレジット(15回分もしくは30回分)がもらえ、レッスンの予約ができるようになります

今回ですと、10月分のクレジットは9月24日につきます。

 

そのあとは好きな時間とレッスンを選んで、グループレッスンを予約することができます。

2. レッスンの予約をする 

レッスンのクレジットがもらえたらレッスンを予約することができますが、必ず受けたいレッスンの7日前までに予約してください

 

7日を切っているのに予約してしまったり、キャンセルをしてしまった場合、返金の対象外となってしまい、他のすべてのレッスンを受けても、レッスン料を返してもらえません。

 

3. レッスンに参加する前に接続を確認しておく 

インターネット接続に問題がなければ、問題なくレッスンを受けることができますが、初めてのレッスンの時には、事前に確認した方がいいと思います。

 

レッスンが始まっても自分の声が相手に聞こえなかったら、一度ログアウトしてからすぐログインすれば復活することが多いです。

4. レッスン終了後は先生からのメールをチェック

レッスン終了後は先生から簡単なレポートがメールで届きます。

先生によっては簡単なアドバイスを書いてくれることもありますので、チェックしておくと今後の学習に役立てることができます。

レッスン参加の証拠にもなりますので、キャンペーンが終わるまでは保存しておいた方がいいです。

5. 1カ月ごとに運営から届く進捗状況メールは大事

レッスン後には必ず、先生からのレポートメールが届くのですが、1カ月ごとに運営側からも生徒のレッスン受講状況をチェックし、マラソンの進捗状況をメールで教えてくれます。

ルールに沿ってすべての1か月分のレッスンを受けることができれば、

「Congratulations for completeing all the classes following all rules...]

と書いたメールが届くので、ルールに沿ってちゃんとレッスンを受けられているか確認できます。

 

6. 3か月間見事にやり遂げると、達成メールが届く

3か月間すべてのレッスンに参加すると、運営から下のような達成メールが届きます。

 

 

f:id:vanillesesam:20180906041655j:plain

このメールはうれしかったですね。

3か月間大変だったけど、がんばってドイツ語を勉強してよかったなぁと思いました。

7. 返金は達成した月の翌月末までに振り込まれる

さて、上記でもらったメールには、返金までは1カ月ほどかかることが書いてあります。

すぐに振り込まれるわけではなく、キャンペーンを達成した月の翌月末までに振り込まれるのでとりあえず待つことにします。

 

挑戦する価値はあり!lingodaの語学学習マラソン

lingodaの語学マラソンハーフマラソンでも週3 or 4日、フルマラソンだと、毎日レッスンを受けなければなりません。

私はハーフマラソンでしたので、1カ月15回のレッスンを3か月受け続けましたが、それでもかなり大変でした。

でも、曜日と時間を決めてレッスンを受け続けると、それが習慣になってきてきました。

私は月・火・木・金曜日の21時からと時間を決めて受けていました。

自分の中でルールを決めてしまうと、飽きずに受けられるかもしれません。

 

lingodaの先生はみんなネイティブ講師で、2年以上ドイツ語を教えた経験がある人を採用条件としています。

それも納得のクオリティの高さ

先生はフレンドリーで教え上手な人が多いです。

 

上質なレッスンを受けることができて、授業料も返金してもらえるなんて、すっごいお得なキャンペーンだと思うので、まだ試したことのない人はぜひ挑戦してみてください。

 

次回のマラソン2018年10月1日です。

キャンペーンの申し込みは、2018年9月21日になりますので、参加を考えている方はお早めに。

 

詳しいキャンペーンの内容は、lingodaのサイトで確認してください。

lingoda Learning Marathon

Language Learning Marathon | Lingoda - Online Language School

このキャンペーンですが、今回はどうやら3回目のようで、前回私が受けた時と違うルールもあり、回を重ねるごとに少しずつ返金の条件が厳しくなっていると感じました。

 

もっと自由にレッスンを受けたい人には、lingodaの通常コースがおすすめ

「3か月先まで予定を確保するのは厳しい...」という方は、lingodaの通常コースがおすすめです。

ラソンキャンペーンのような返金はありませんが、直前予約もできますし、コースの一時休止機能もあります。

 

じつはマラソンキャンペーンに参加する前は、通常コースを受けていました。

自分の予定に合わせてレッスンを組むことができるので、自分が好きな時に好きなだけレッスンを受けたいという方には通常コースがおすすめです。

 

私も受講しています♪

lingodaのオンラインドイツ語レッスン♪

この記事をシェアする