vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

英語を習得するまでにかかる時間と費用は?

この記事をシェアする


f:id:vanillesesam:20180422041132j:image

一般的に、英語を習得するには、最低でも3,000時間以上が必要であると言われていますが、実際に英語を使う仕事につくまで、どのくらいの時間を費やせばよいのでしょうか。

日本の義務教育において、中学・高校6年間の英語学習時間は、だいたい1,500時間程度とされています。

 

つまり、義務教育を終了後にどれだけ英語に接してきたかが、ビジネス英語の習得の鍵と言えそうです。

 

私は、現在ドイツで英語を使ってお仕事をしています。

 

ビジネスで通じる程度に英語が話せるようにまで、私が実際にどのくらいの時間とお金を費やしたのかまとめてみました。

 

 

語学学習にお金はかかる?

語学の習得は、一朝一夕でできるほど簡単なものではないと思っています。

ですが、継続するのはなかなか根性がないとできないんですよね。

そのため、話す場を確保するため、英会話スクールやプライベートレッスンにはお金を支払っていました。

 

時には、お金がなくて通っていなかった時期もあります。 

ですが、、「英語を話す」というのは語学習得の基本だと思っていましたので、話すためのレッスンにはお金を払っても受けていました。

 

英語の学習にかかった時間と費用(ビジネスレベル)

それでは、私がビジネスレベルの英語が話せるまでにかかった時間と費用をまとめてみます。

f:id:vanillesesam:20180423031329p:plain

義務教育もいれると、実に13年半も英語を勉強していたことになります。

かかったお金はざっくり計算してみたところ120万円でした。

留学に比べればかなり安く抑えられているのではないでしょうか。

 

小学校4年~高校3年

小学校4年生から高校3年生まで、実家近くの ECC ジュニアの英会話教室に通っていました。

習い事のひとつとして、母に通わせてもらっていましたが、仲の良い友達もいたので、とりあえず週に一回、先生の家でお菓子を食べながら、英語のテレビを見たりゲームをしたりしていたことで、英語への抵抗感はなくなったと思います。

今振り返ってみると、私の先生は日本人でしたが、ネイティブに近い英語話者でした。

実に9年も通っていたので、お月謝は親が払ってくれていたとはいえ約86万円払っています。

当時はただ楽しいから通っていただけですが、今振り返ってみると、もう親には感謝の気持ちしかありません!

 

中学校1年~高校3年

中学からは義務教育で英語の授業が入ってきました。

文部省のガイドラインによると、中学校では週に3~4回、高校では4~5回の英語の授業があるそうです。

私の学生時代も大体4回から5回くらいは週に英語の授業があったと思います。

小学校の頃から英語の教室に通わせてもらっていたので、授業はすごく簡単に感じていました。

ですが、感覚で英語を遊びながら学んでいたので、あまり細かい文法のことが分からず、授業は楽しくありませんでした。

中高公立の学校に通っていたので、一応授業料はタダということで、0(ゼロ)円としています。 

 

大学生時代

大学は、自然科学系の大学に通っていたため、英語の授業はほとんどありませんでした。

一応「科学英語」という、週一回の授業を2年間受けていましたが、英語の文献を読んで、ただ理解するというだけの授業でしたので、あまり英語のレベルアップには役に立っていなかったと思います。

私立大学でしたので、授業料はそこそこかかりましたが、週一回ぐらいしか英語の授業では勉強と言えませんし、計算もしづらいので、この期間も英語学習にかかった費用は0(ゼロ)円とさせていただきました。

 

26歳ごろ

この頃は大学卒業後に入った会社を辞めて、 次に何をやるかを迷っていた頃です。

真剣に考えたところ、やっぱり英語を勉強したいと思って、英語の勉強をもう一度やり始めました。

本当は留学がしたかったけど、お金貯まらなかったです……

英語レッスンの授業料を払いながら、当時海外旅行にも行っていたので余裕はありませんでした。

英語の勉強は、子供の頃ECC ジュニアで英語を教えてもらっていた先生が独立 されたということで、格安で英語を教えてもらっていました。

もちろんマンツーマンです。

お月謝は1万円で週1回1時間、期間にして1年ほど通いました。

お値段は1年間で12万円。

私には、語学学習に出せる金額は1ヶ月1万円限界です。

 

30歳ごろ

前回の英語学習が26歳ごろだったので、いきなり4年飛んでます。

何があったかと言うと、浮気をしてドイツ語を勉強していました 。

そしてなぜ再び英語を勉強し始めたかと言うと、仕事で英語が必要になったからです。

 

ドイツ語は完全に趣味でやっていたので、すごい楽しくて、3年ほど集中して勉強していました。

ドイツ旅行なども満喫していたんですが、仕事で英語が必要になったことで、それどころではなくなり、ドイツ語の勉強をやめて英語のマンツーマンレッスンを週2回で集中して受けていました。

受けていた期間は半年程度でした。

(この後で、ドイツ企業に採用されて引っ越すことになります)

 

依然としてあまりお金がなかったので、カフェでマンツーマンレッスンをしてくれる、できるだけ安いスクールを探して、そこから先生を紹介してもらいました。

1回の授業は2000円なんですが、時間をフルに使って貪欲に勉強してました。

レッスン料は半年間の合計で9万円+コーヒー代(自分と先生の)ですね。

 

英語を3000時間勉強しないと話せるようにならないの?

英語学習にかけた費用は1,035 840円という結果となりました。

また、授業として英語を学んでいた時間は、義務教育を併せても3000時間には及びません。

 

ですが、自宅で勉強したり、海外の友達とSkypeで話したりしていた時間をあわせれば、3000時間はとっくに超えていると思います。

私の勉強スタイルはとにかくマンツーマン中心で、とにかく自分の説明したいことを英語で話しまくることを第一に考えています。

そのおかげで、この程度の費用と時間数でも、なんとか現在の会社でも英語でコミュニケーションをとれるレベルまではこぎつけました。

 

ドイツ語の学習にかかった時間と費用(日常会話レベル)

ちなみにドイツ語の学習にかかった時間とお金についても表にしてみました。

 

ドイツ語はまったく知識がなかったため、とにかくお金をつぎ込んだ記憶があります。

3年間で60万円近くのお金を語学スクールにつぎ込んでいます!

 

f:id:vanillesesam:20180423031455p:plain

ドイツ語を勉強し始めたのは、27歳ぐらいからだったと思います。

でも始めたからには一段落つけたくて、初級終了レベルのB1の試験だけは合格したいと思い、がんばりました。

 

でも、ドイツに来る前にB1のCertificateを取得していたことで、現地でいろいろ役に立ちました 。

とりあえずB1以上の資格を持っていれば、ドイツのお役所は何も言わないみたいです。

 

スクール?留学?語学習得の近道は?

何事もそうですが、語学も時間をかければかけるほど、習熟度は増していきます 。

スクールで毎週定期的に通ってもいし、留学して短期でみっちり勉強するのもいいでしょう。

大切なことは、覚えたことを反復して、自分のものにしてしまう作業です。

スクールでも留学でも、覚えたことを繰返し使っていかないと、すぐに忘れてしまいます。

 

とくに社会人になってからは、時間と予算を計算に入れながら語学学習を進めていかなければいけません。

独学もいいですが、やはり英語もドイツ語も言語でる限り、話すことで上達していきます。

 

ひと通り文法を把握したら、マンツーマンレッスンなどで実際に話してみて、ネイティブに間違ったところを直してもらうのがおすすめです  。

 

語学学習を続けるためには時間とお金も大切ですが、なにより継続して行うことが上達の近道だと思っています。

私は英語の学習の過程で、大学生や社会人に間まったく英語に触れていなかった期間があります。

 

せっかく子供の頃の基礎力をつけたのに、継続しなかったことで基礎からやり直さなければならず、ずいぶんともったいないことをしました。

 

少しずつでも長く継続することで、自分の言いたいことが使える状態に蓄積されていきます。

「3000時間勉強したから」とか、「何百万費やした」から語学習得できる訳ではなく、継続することで蓄積され、だんだんと話せるようになって来る、というのは当然のことです。

 

私もドイツ語がまだまだ上手く話せないので、

歩みは遅いですが、少しずつでも継続して勉強していきたいと思います。

 

本日はここまで☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事をシェアする