vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

語学だけでは仕事はできない? _外国で働くということ

この記事をシェアする


f:id:vanillesesam:20170307180037j:image

ドイツでは、タンデムパートナーを探している子をよくみかけます。

 

自分の言葉を相手に教える代わりに、相手の言語や文化を教わることができるので、わりと人気があります。

 

本日はロシア人女子、23歳のユリアーネちゃんの話です。

 

彼女は数ヶ月前に Au Pair の制度を使ってドイツにやってきました。

 

Au Pairとは、住み込みで、ホストファミリーのお子さんのお世話をしたり、家事をしながら、現地のことばや文化を学んでいく制度のことです。

 

語学学校へ行くことも認められていて、おこづかいもちょっとでると言ってました。

 

彼女はロシアの大学でGermanistik(ドイツ語学) を専攻していたらしく、すでにドイツ語はペラペラでした。

 

それでも彼女は、「もっとドイツ語が上手くなりたい!」と、お仕事が終わってから週4回 Volkshochschule でドイツ語を学んでいるそうです。

(現在C1レベルの彼女、将来はドイツで働きたいらしい。)

 

Au Pair でお世話になってるホストファミリーともドイツ語で会話をしてるし、私はつい、

 

「そんなにドイツ語話せるんだし、すぐ仕事見つかるよー」

 

とテキトーな事を言ってしまいました。

 

すると彼女は真面目な顔をして、

 

「英語とドイツ語が話せるロシア人なんて、ドイツには腐るほどいる」と。

 

彼女にしてみれば、言語学が専門だから、しゃべれて当たり前。


外国語以外の何か強みを見つけないと、外国で働くことは難しいのだとあらためて感じました。

 

では、難しいとわかっていながら、なんでドイツに来たのでしょうか。

 

すると彼女は、ロシアでは、23歳にもなると結婚しているのがあたりまえ、両親や兄弟からもなぜ結婚しないのか、としつこく言われたそうです。

 

でも彼女にしてみれば、"まだ23歳"なのです。

 

夢だってあるし、もっと世界を見てみたい、もっと色々なことを体験したい、とドイツに来たのだそうです。

 

Au Pairの制度を利用してドイツに滞在できるのは大体1年くらいとのこと。


ドイツ語の勉強が終わったら職業訓練をしたいなーと、語る彼女。

 

仕事を探すにはプラス別のスキルが求められることが多いようです。

 

外国語を話せるということは、それだけでけっこーすごいと私は思うのですがね。

 

今日学んだドイツ語
Russe/Russin=ロシア人
Au Pair aufnehmen=Au Pairを(仕事として)得る
die Gastfamilie=ホストファミリー

 

 

この記事をシェアする