vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

ドイツ人と勉強しよう!タンデムを長続きさせるコツ

この記事をシェアする


f:id:vanillesesam:20170731043031j:image

タンデムでドイツ語を学ぶ

私は現在ドイツ語学校には行っていません。以前は語学学校にも通っていたのですが、仕事帰りに学校には通うのは、なかなか続かず......

今は週一回で、ドイツ人のタンデム(語学学習)パートナーとカフェで勉強しています。

 

今でこそ週一回落ち着いてタンデムをしていますが、以前は何人ものタンデムパートナーと同時平行して週数回勉強してました。

それというのも、タンデムってなかなか続かないんですよね。

友達っぽくなりすぎると、お互い英語で話すようになってしまったり、お互いの語学レベルが違いすぎると、どちらか一方に負担がかかってしまったり。

 

いろいろありますが、タンデムでドイツ語を勉強し始めて3年くらいになります。

 

今回はタンデムパートナーとの勉強ってどうなのか、長続きさせるコツはあるのかなど、自分の体験した範囲ではありますが、まとめてみたいと思います。

 

まずはタンデムを探そう

Facebookのタンデムグループで探す

f:id:vanillesesam:20171125161545j:plain

少し大きめの町であれば、Facebookのタンデムグループがあると思います。

まずは、このグループに登録してみるのが手っ取り早いです。

知り合いがいなかった私は、Facebookでドイツ語と日本語のタンデム募集をしました。

この方法で見つかったタンデムは、3年経った今でも交流があります。就職して引っ越してしまった子もいますが、友達として長くつきあっていけるのはうれしいですね。

 

大学や語学学校で探す

f:id:vanillesesam:20171125161858j:plain

大学や語学学校のWebサイトでタンデムパートナーを探している場合があります。

語学学校なんかは入り口の掲示板募集のチラシが貼ってあり、タンデムパートナーを募集している学生や生徒の連絡先が書いてあります。

そこから自分で連絡を取ってタンデムパートナーを見つけます。

私も3、4人に連絡をとってみたんですが、残念ながら相手がすでに引っ越してしまっていたり、すでにパートナーがいたりして会うことはできませんでした。

 

ネットでタンデムパートナーを探す

f:id:vanillesesam:20171125161925j:plain

小さい町に住んでいると、なかなか日本語学習者を見つけるのは難しいかもしれません。

そんな時にはネットでタンデムパートナーを探すのもありです。

ネットならドイツだけでなく、オーストリア、スイスのタンデムパートナーを探すこともできますので、可能性は広がります。

私の時はウィーンに住んでいた人とタンデムパートナーになって、チャットだけではなく、サイトの通話機能も使って会話の練習もしてました。

ですが、やはりネットの中だけだと長続きしなくて、数ヶ月でやめてしまいました。

ただ、いろんな人と自宅でドイツ語でお話しできるというのはすごいですよね。お互いに夜決まった時間にログインして勉強するなどルールを決めれば、続けやすいかもしれません。

Sprach Tandempartner などで検索するといくつかサイトが見つかると思います。よかったら試してみてください。

ちなみに、私が使っていたのは、Hallo Talk というサイトです。

 

カフェでタンデムをしてみよう

f:id:vanillesesam:20171125162129j:plain

さて、リアルでタンデムパートナーが見つかったとして、会う場所を決めましょう。

初めて会う場合は、やはり公共の場所がいいですね。カフェや図書館がいいと思います。

お気に入りのカフェなどがあるなら自分から場所を指定しちゃいましょう。

ドイツ人は、あまりカフェに詳しくない人が多い気がします。特に学生だと友達の家や河原で会うことが多いので、あまりお店に詳しくないようです。

 

タンデムを長続きさせるコツ①

~無理をしない~

タンデムパートナーに一回会ってみて、お互いに勉強を続けられそうでしたら、定期的に会う予定を組んでいきます。

ここで注意していただきたいのが、日本語を教えようとあまり無理はしないということです。

 

日本人は真面目なので、タンデムをする時点でドイツ語の基本的な文法読み方なんかをマスターしてる人が多いです。でもドイツ人の方は日本語は全くの初心者という場合も少なくありません。

 

真っ白な日本語の教科書を開いて、

「さぁ、何からやればいいの?」とこちらに丸投げにしてくる子もいました。

 

私も最初のうちは、日本語学習者用のサイトでひらがな一覧や単語カードを探して印刷して持っていったり、一から教えていたんです。

 

でもこれでは全くフェアではない、と気づきました。

 

日本語の教え方を調べることに時間を費やしすぎて、自分のドイツ語の勉強がおろそかになるのは本末転倒です。

私は日本語教師ではないので、全く知識のない外国人に日本語を教えるというのは無理、とあんまりにも丸投げしてくるタンデムパートナーにはハッキリ伝えていました。

 

私の場合、タンデムを探す時は、たとえ初心者であっても自分で勉強している人を選ぶようにしています。

自分で勉強していて、それでもわからないところがあれば、そこを教えるといった感じです。

 

  • 自分に無理のない範囲で日本語を教える
  • 自分に無理のない範囲でドイツ語を勉強する

 あまり無理なスケジュールをこなそうとするとタンデムは続かない気がします。

お互いに会話を楽しみつつ無理のない範囲でおしえあうのが、長続きさせるコツではないでしょうか。

 

タンデムを長続きさせるコツ②

~相手を飽きさせない~

この前ドイツ人のタンデムパートナーと近くのカフェで一緒に勉強をしていた時の話です。

彼は私よりも10歳以上年下で、日本語を勉強したいと言う熱意にあふれた若者、とても良い語学学習パートナーになっています。

 

その彼が、いつも私とのタンデムで楽しみにしてるのが、私チョイスのカフェ

 

この前彼が私に言った一言は、

「君とタンデムする時には色々と行ったことのないカフェに連れてってもらえるからすごく楽しみにしているんだ。」

 

おい、ふつう逆だろと思ってしまいますが、いつのまにか私はイケメンぶりを発揮してしまっていたようです。

 

上でも書きましたが、地元だからといって、ドイツ人はお店選びに詳しいわけではありません

ということで、お店は私が選んでいます。

毎回お気に入りのカフェでもいいのですが、天候やそのときの気分で、できるだけ違うカフェに行くようにしています。

 

毎回気分を変えて、新たな気持ちで勉強するのも、タンデムを長続きさせるコツかもしれません。

 

「タンデムを長続きさせるコツ」まとめ

f:id:vanillesesam:20171125161641j:plain

タンデムパートナーは、お互いに目的があって語学を学んでいますので、時には勉強を続けたくても就職や留学などの理由で、終了となってしまうことがあります。

それでも気の合う仲間とタンデムできるのはうれしいですし、離ればなれになってもこれからは友達として仲良くしていければ最高ですよね。

 

タンデムでの語学学習は相手とのWin-Winの関係が築けてこそ成り立ちます。相手の主張に飲み込まれず、こちらも対等に接していくことで無理なく楽しく勉強を続けましょう!

この記事をシェアする