vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

ドイツで電車が遅延!?運休!?トラブルが起こったときの対処法

この記事をシェアする

ドイツの電車はよく遅延・運休することがあります。

自分のせいではないのに、乗り遅れてしまった時に、できることがあります。

これを知っておけば、格安チケットでも振替便を手配してもらったり、電車賃を一部返金してもらうことができます。

 

 

トラブル①電車がとつぜん運休

私がローカル線の小さい駅で電車を待っていた時のことです。

待てども待てども電車は来ないのです。

電光掲示板には表示が出ているのにおかしいなぁ、と思っていたら次の瞬間、私の乗るはずだった電車の表示が消え、次の電車になってしまいました。

 

意味がわからなかったので、ホームにいたドイツ人に聞いてみました。

 

私「すみません、10:40発の〇〇行きの電車ってまだ来てないですよね?」

 

ドイツ人「うん、運休みたいよ」

 

私「!?」

 

もしかして、私が聞いてなかっただけで、構内アナウンスがあったのでしょうか。

みんな結構冷静で、チケットセンターに行く人もいれば、次の電車を待つことにした人もいたようです。

 

しかし、私の場合、10:40発の電車に乗れなかったことで、予定していた乗り継ぎの電車に100パーセント乗れなくなってしまいました。

 

解決策①スタンプZugbindung aufgehobenを押してもらう

仕方なくチケットセンターに行って、事情を話すと、当日中に帰れるように別のチケットを発行してくれました。

当初私が予約していたチケットは、一回の乗り継ぎで家まで帰れるはずだったのですが、振替のチケットはなんと3回乗り換え。すごく損した気分です。

 

とにかく新しいチケットを発行してもらい、駅員のおじさんが言うには、

「この元のチケットと新しいチケットを両方提示してね」っといって元のチケットにはZugbindung aufgehobenというスタンプを押してもらいました。(のちにこのスタンプの偉大さを知ることになるのです…)


f:id:vanillesesam:20170506034224j:image

 


トラブル②振替えてもらった電車も事故で迂回する

 

さて、新しく振替のチケットを発行してもらった私。

乗り換えは3回ありますので、なんとか今度は間に合わせたいと思いながら電車に乗りました。

すると、電車がどんどん減速、ついには駅でもないところで止まってしまったのです。

どうもこの先で事故あったようで、しばらく停車しますとのこと。

 

もう、かなりヤバイ予感がします。案の定、30分ほど待たされた後に、

 

「この道は使えないので、迂回します」

 

というアナウンスが流れて来ました。

 

またかい!?

 

結局、私は振替で用意してもらったチケットでも乗り継ぎが間に合わないことが判明してしまいました。

 

スタンプZugbindung aufgehobenのすごさ

本日2回目のトラブル発生となりますが、とりあえず、車内を回って来た車掌さんに相談。

 

私「すみません、当初予定していた電車が運休で振替便を予約してもらったんですが、それも間に合わないんですけど」

 

車掌さんに「あぁ、じゃあ、もう帰れるんだったら何乗ってもいいよ」

 

私「!?」

 

詳しく聞いてみると、元のチケットに押してもらっていたZugbindung aufgehobenというスタンプがとても重要なのだそうです。

このスタンプは、自分の過失でなく、何らかの理由により電車の乗継ができなくなった時にチケットに押してもらうスタンプで、これにより実質的にどの列車にも乗ってもいいのだそうです。

 

おじさんに振替で用意してもらったチケットは乗り換え3回だったのですが、私は迂回先の駅から一番最短で帰れるルートを探し、家まで帰りました。

実際、チケットとは違う電車に乗ったんですが、特に何も言われませんでした。

 

解決策②返金してもらう

なんとか自分の街まで帰って来れましたが、当初予定していた時間より1時間30分の遅れでした。

 

その足で、すぐチケットセンターに行き、元のチケットと振替のチケットを提示したところ、申請書を書くこともなく、そのままチケット代の25%を返金してもらいました。

 

質問されたことは、どの便で何時に着いたかだけだったので、

 

「今です!

たった今着きました!」

 

と言ったので、証明するのは簡単でした。

もし余裕があったら、電光掲示板の遅延状況を写真に撮っておくといいかもしれません。

 

ドイツで電車が運休になったら、焦らずに別の方法を探そう

ドイツのチケットセンターは、土曜の午後や日曜日は開いていません。

そんなときに万が一自分の電車が運休にでもなったら...。

そんな時には振替のバスが出ていることがあります。

振替のバスで、電車が走っている駅まで行くことができます。

 

ですが、小さな駅でのアナウンスはないので、電工掲示板の案内のみですので、気をつけてください。

ドイツ語ができないと大変ですが、周りの人をよく観察しているといいと思います。

 

私も最初の方は乗り継ぎに間に合わなかったらどうしようって、いつもハラハラしながら乗っていたんですが、トラブルが起きたときにはドイチュバーンがそれなりに対応してくれます。

ICICEだと、チケット切りに回ってくる若めのお兄さんは、英語でも対応してくれます。

 

ドイチュバーンでの電車の旅はトラブルもありますが、とても快適です。

ドイツ国内の旅行はぜひ電車をオススメします。

 

また、ドイツの電車が1時間以上遅れた場合、ドイチュバーンが電車料金の一部を返還してくれます。

2時間以上の遅延で50パーセント返金してもらえるので、遅れた場合には窓口で返金してもらいましょう。

 

当日中に窓口に行けばそのまま返金してもらえますし、後日返金申請書を持って行っても返金してもらえます。

返金の方法は簡単ですので、ぜったいに返金してもらった方がいいです。

(返金の方法や返金申請書の書き方はこちらの記事で詳しくご紹介しています。)
www.vanillesesam.net

 

もし、ドイツの電車のことでわからないことや不安なことがあれば、コメント残してくださいー。出来る限りお答えします。

 

今日学んだドイツ語

Zugbindung aufgehoben
(自分の過失でなく、何らかの理由により電車の乗継ができなくなった時にチケットに押してもらうスタンプ。これによりどの列車にも乗れるようになる)

Die Zugverbindung👉列車の接続
aufheben👉 帳消し
ausfallen👉運休する
Notarzteinsatz👉事故、急患等

www.vanillesesam.net

この記事をシェアする