vanillesesamの缶詰

ドイツでまったり暮らす、30代パラレルワーカー。

海外就職

ドイツでの仕事の自由さとお給料の高さ

ドイツでお仕事ができるってなんかかっこいいですよね。 私もずっと海外で働くことにあこがれていました。 フレックスタイム制で何時に出社しても良かったり、残業したら別の日に早く帰っていい残業消化制度(Abbau Überstunden)があったり、フルーツや飲み…

第五回 ドイツで働く: ビザ申請編~ドイツ転職の選考過程からビザ申請まで

はじめての海外就職で、わからないことだらけでしたが、選考過程やドイツに入国した後の労働ビザ申請・健康保険加入などの手続きについて、5回に分けて書き残しておこうと思います。「今回は第五回 ドイツで働く:ビザ申請編」です。 第一回 ドイツで働く: 準…

第四回 ドイツで働く: 引っ越し編~ドイツ転職の選考過程からビザ申請まで

はじめての海外就職で、わからないことだらけでしたが、選考過程やドイツに入国した後の労働ビザ申請・健康保険加入などの手続きについて、5回に分けて書き残しておこうと思います。「今回は第四回 ドイツで働く:選考過程編」です 第一回 ドイツで働く: 準備…

第三回 ドイツで働く: 選考過程編~ドイツ転職の選考過程からビザ申請まで

はじめての海外就職で、わからないことだらけでしたが、選考過程やドイツに入国した後の労働ビザ申請・健康保険加入などの手続きについて、5回に分けて書き残しておこうと思います。「今回は第三回 ドイツで働く:選考過程編」です 第一回 ドイツで働く: 準備…

第二回 ドイツで働く: 応募編~ドイツ転職の選考過程からビザ申請まで

はじめての海外就職で、わからないことだらけでしたが、選考過程やドイツに入国した後の労働ビザ申請・健康保険加入などの手続きについて、5回に分けて書き残しておこうと思います。「今回は第二回 ドイツで働く:応募編」です 第一回 ドイツで働く: 準備編~…

第一回 ドイツで働く: 準備編~ドイツ転職の選考過程からビザ申請まで

私は、日本で働いているときに転職活動をして、ドイツ現地企業への採用が決まりました。 はじめての海外就職で、わからないことだらけでしたが、選考過程やドイツに入国した後の労働ビザ申請・健康保険加入などの手続きについて、5回に分けて書き残しておこ…

【ドイツ・ワーホリ】年齢制限で行けなかった私が全力でおすすめする3つの魅力

私がドイツの会社の求人に応募したのは、31歳のときです。 半年間の選考期間を経て、ようやく就職が決まったときには32歳になっていました。 ワーキングホリデービザは年齢制限があるため、私のように31歳を越えてからドイツへ移住するためには、学生ビザや…

海外で働くために必要な語学力は?

私はドイツの会社で働いていますが、仕事は90%が英語で通しています、えぇ、ほぼ英語です(泣) ドイツ語ができれば間違いなく有利ですが、働く会社によっては、英語で働いている外国人もドイツにはたくさんいますよ。 では、一体どのくらい英語ができれば海外…

海外出張時に入っておきたい海外旅行保険の選び方

お仕事でよく海外に行く人は、海外旅行保険に入っておくのがおすすめです。 大きな会社であれば、海外旅行保険の法人契約をしている場合が多いので、社員が個人で保険に入る必要はありません。 ですが、中小企業にお勤めの方、フリーランスで活動していて、…

ドイツ移住者が考える海外で働くメリット・デメリット

ドイツに来て4年になりますが、最近になって海外で働くことのメリット・デメリットがようやくとわかってた気がします。 私はこれといった特別なスキルや資格は持っていませんが、意外とどうにかなるもんだということを経験として学ぶことができました。 お仕…

ドイツ・事務未経験者が採用された場合、月々のお給料は?

先日、とある会社で事務員をしているドイツ人の友人から、若手女子事務員の話を聞きました。 友人「事務未経験で入った子がいるんだけど、お給料がめちゃくちゃ低くてびっくりした。」 すっごい気になったので、一体いくらなのか聞いてみると...... 1600ユー…

ドイツで就職したら雇用契約書のココをチェックしよう

ドイツの会社に就職が決まると、雇用契約書にサインをすることになります。 ドイツでは雇用契約書はとりわけ重要な書類です。 口頭で取り交わされた約束はまったく役に立ちません。 特に外国人の場合、労働許可証を取得するために、雇用契約書はドイツの公的…

当たり前のことがきちんとできるだけで、海外の会社でも必要な人材になれる。本当に大切なことは、たったひとつの心がけだった!

わたしはドイツ人・日本人に関わらず、新人さんのトレーニングに関わらせていただくことが多いです。 特に日本人の方に多いのですが、英語を話すのが苦手でなかなか現場になじめなかったりする方がいらっしゃいます。 確かに、英語がペラペラ話せるに越した…

ドイツ滞在許可証に書かれた就労条件が、ちょっとゆるくなりました。ドイツ就労4年間のビザの変化まとめ

今日はドイツのビザのお話です。 ドイツに住む外国人は学生であろうが勤め人であろうが、みなさん滞在許可証(Aufenthaltserlaubnis)を持っています。今は、こんなカードタイプの滞在許可証で、お財布にもすっぽり収納できます。 参照: http://www.bamf.de…

試用期間での解雇はあたりまえ!?ドイツで転職先の見つけ方は?

ドイツ人も転職活動する? ドイツ人のイメージって、ひとつの会社でずっと勤めあげるものだと思っていました。 ところが、実際にドイツの会社で働いてみると、そうではないよ、というお話です。 うちの会社が入れ替わり激しいのかわかりませんが、ドイツ人は…

ドイツの会社の職場環境について

ドイツの会社に入社する時、けっこう細かいことに悩みました。 スーツは来ていった方がいいのか、 お弁当も持って行った方がいいのか、 なんてことまで悩みました。 こういうのって私が細かいからなんでしょうか? とにかく、日本の常識ではちょっと考えられ…

海外で働いてみてわかった、グローバルな人材とは

今年の初めくらいでしたが、飛行機の中でひとりの日本人の若いビジネスマンが話しかけてきました。 たぶん30前後くらいの男性で、少しふくよかで人柄の良さそうな青年です。 以前オランダ人と意気投合していろいろ話したことはありますが、日本人で、飛行機…

本当に海外移住したいですか?転職前にすごく悩んだ話。

私が、まだ日本で働いていた時のことです。 なんとなく海外で働いてみたいなぁと思いつつも、どうすればいいか方法もわからず、仕事の合間に語学や資格の勉強をしていました。 それがあるとき、インターネットでの求人広告をきっかけに、ドイツで働くことに…

ドイツ人の仕事終わりの過ごし方ランキング

お仕事終わり、ドイツ人は何してる? ドイツといえば、定時で仕事が終わり、みんな家に帰っていくイメージがありますが、仕事のあとは一体は何をして過ごしているのでしょうか? 日本だったら色々な楽しみ方がありますね。 東京に住んでた私も、ショッピング…

海外在住働き女子の悩み。外国人同僚と意思疏通ができてないとこうなる。

うちの部署のリーダーは忙しい。 うちの部署のリーダーは、ドイツ人の男性ですが、とにかく忙しいのです。 他の部署の同僚やら上司まで、日々いろいろな人から電話がかかってきます。 私の席はリーダーの前ですが、電話はそんなにかかってこないので 、普段…

海外在住働き女子の一日はこんな感じ

海外の企業で働いていると、やはり日本の会社とは少し違うとなぁと思うことがあります。 ドイツの雇用契約で決められている労働時間は、8時間でこれは日本もだいたい一緒ですよね。 その他に違う点といえば、通勤時間、出勤時間、ランチタイムなどが少しずつ…

働いて、見て、聞いてわかった。ドイツ企業の表と裏をこっそり教えます。

みなさんは海外就職についてどのようなイメージを持っているでしょうか? ヨーロッパって長期休暇取れるからいいよね。 ドイツ人の同僚と仲良くなってドイツ語もペラペラになれそう。 お給料は日本より少ないって聞くけど、そのぶんプライベートが充実できそ…

ドイツで一番稼げる職業ってなんだろう

ドイツで一番稼げる職業って何だと思いますか。 お給料事情って皆さん関心があると思うんですが、それはドイツ人たちも一緒です。 ですが、お給料の額面を同僚や第三者やに教えることはなかなかできないんですよね。 なぜなら雇用契約書にばっちり「他言禁止…

ドイツに就職する場合のお給料について。希望給与ってどれくらい?

海外の会社に就職する場合、日本の会社ではしなくても良い苦労をすることがあります。 それは希望給与の提示と交渉です。 え、お給料って交渉するものなの? 会社から打診されるものだと思ってました! と、思った人もいらっしゃるのではないでしょうか。 今日…

海外で働く場合の外国人上司とのつきあい方

外国人の上司を持つということは、時として日本人の上司を持つより大変です。 私もドイツに来て、初めてアメリカ人の上司の下で働くことになりましたが、まぁこれが、なかなか自分のやりたいことを理解してもらえず(泣) ということで、めんどくさいですが…

海外在住働き女子の悩み。アメリカ人同僚との電話がきまずい…

会社で働いていると、社内電話は避けられません。 普段はあまり接点のない他部署のアメリカ人の同僚に電話をした時の話です。 電話にでた同僚が、 「ヘイ、君カイ。 久シブリダネ。調子ハドウダイ?」と聞いてきました。 ちゃんと答えなければ、とあせった私…

この記事をシェアする